イースクエアでは中堅中小企業の海外展開やSDGs/BOPビジネス、新規事業の立ち上げを支援しています。ODA関連調査業務、JICA中小企業海外展開支援事業、二国間クレジット制度(環境省)、都市間連携事業(環境省)、途上国・新興国における市場調査、グローバル人材の育成など多数の支援実績があります。

イースクエアの SDGsビジネス実践支援


SDGsビジネスの事業機会の発掘は、主に以下の4つのステップに分けて進めていきます。まずは、各ステップの概要を以下に示します。


bop_top_step.png




お客様の声

アジア・アフリカで実施したプロジェクトからお客様の声をご紹介します。

詳しくはこちら

ESサービスの強み

①公的スキームを活用した豊富な支援実績

JICA、環境省、経産省等の支援実績一覧


JICA、中小企業海外展開支援事業等受託実績

インド
公示年度 調査・事業名 SDGs
2015 環境配慮型トイレの導入にかかる案件化調査 sdg_icon_06_ja.png sdg_icon_09_ja.png
2017 環境配慮型トイレの導入にかかる普及・実証事業 sdg_icon_06_ja.png sdg_icon_09_ja.png
2018 鋳物製造技術者育成にかかる案件化調査 sdg_icon_08_ja.png sdg_icon_09_ja.png
2020 鋳物製造技術者育成にかかる普及・実証・ビジネス化事業 sdg_icon_08_ja.png sdg_icon_09_ja.png


ブータン
公示年度 調査・事業名 SDGs
2019 小規模農家への小豆の有機栽培技術と輪作体系導入にかかる
基礎調査
sdg_icon_08_ja.png sdg_icon_12_ja.png


タイ
公示年度 調査・事業名 SDGs
2020 遠隔健康支援サービスによる高齢者地域包括ケア推進のための
普及・実証・ビジネス化事業
sdg_icon_03_ja.png sdg_icon_10_ja.png


フィリピン
公示年度 調査・事業名 SDGs
2017 分散菌処理システムを用いた汚水処理改善技術導入案件化調査 sdg_icon_06_ja.png sdg_icon_09_ja.png
2019 高度分散菌処理システム普及・実証・ビジネス化事業 sdg_icon_06_ja.png sdg_icon_09_ja.png


バングラデシュ
公示年度 調査・事業名 SDGs
2011 風力発電機と太陽光エネルギーによるミニ淡水化装置事業
準備調査
sdg_icon_07_ja.png sdg_icon_13_ja.png


カザフスタン
公示年度 調査・事業名 SDGs
2015 膜分離活性汚泥法(MBR法)による下水処理技術普及促進事業 sdg_icon_09_ja.png sdg_icon_11_ja.png


ナイジェリア
公示年度 調査・事業名 SDGs
2011 BOP層が参画する環境配慮型の自動車リサイクルバリュー
チェーンの構築事業準備調査
sdg_icon_08_ja.png sdg_icon_12_ja.png
2012 国別研修「自動車リサイクルシステムの構築」コースに
係る委託契約
sdg_icon_08_ja.png sdg_icon_12_ja.png


タンザニア
公示年度 調査・事業名 SDGs
2012 食品加工分野(干しいも)における民間技術導入可能性調査 sdg_icon_02_ja.png sdg_icon_09_ja.png
2012 もみ殻を原料とした固形燃料製造装置の導入案件化調査 sdg_icon_07_ja.png sdg_icon_13_ja.png
2013 食品乾燥技術の活用による農産品加工の高付加価値化と
輸出産業化事業準備調査
sdg_icon_02_ja.png sdg_icon_09_ja.png
2013 もみ殻を原料とした固形燃料製造装置の普及・実証事業 sdg_icon_07_ja.png sdg_icon_13_ja.png
2015 市場志向型農業を可能にするサツマイモの品種、栽培・
貯蔵技術の普及・実証事業
sdg_icon_02_ja.png sdg_icon_09_ja.png
2019 パフ大豆を使った高たんぱく食品普及・実証・ビジネス化事業
【アフリカ課題提示型】
sdg_icon_02_ja.png sdg_icon_08_ja.png


ケニア
公示年度 調査・事業名 SDGs
2012 日本の伝統的発酵技術を活用した栄養食品事業準備調査 sdg_icon_02_ja.png sdg_icon_08_ja.png
2016 バイオマス炭化装置を用いた有機廃棄物処理技術展開に
関する案件化調査
sdg_icon_08_ja.png sdg_icon_12_ja.png


ザンビア
公示年度 調査・事業名 SDGs
2014 土壌分析・施肥設計及び鶏糞化成混合肥料技術の普及・
実証事業
sdg_icon_08_ja.png sdg_icon_12_ja.png


ブラジル
公示年度 調査・事業名 SDGs
2013 環境配慮型自動車リサイクルシステムの普及・実証事業 sdg_icon_08_ja.png sdg_icon_12_ja.png


②企業視点での社会課題の発見、事業開発

イースクエアでは、世界のサステナビリティ分野の専門家や実務家を要するコンサルティングカンパニーと連携し、世界の動向をいち早くとらえ、日々の支援へと役立てています。これまで、700件を超える企業の戦略的CSR・サステナビリティ経営の支援を通じて、企業視点で収益の拡大など事業の持続的な成長と、社会・環境問題の解決を通じた社会価値の創造を可能にするビジネスモデル構築(SDGs達成に貢献するビジネスモデル)の支援を強みとしています。

bop_top_2.png

③現地法人・事務所

  • 現地事務所:TARA内(インド)

    インドのデリーで活動するNGOであるDevelopment Alteranatives(DA)グループのTechnology and Action for Rural Advancement (TARA) 内にイースクエアデスクを設置し、現地での調査・プロジェクト実施を支援。

    bop_top_3.jpg bop_top_4.jpg


    https://www.devalt.org/

    *1 1982年設立。持続可能な開発に特化し、グリーン技術の革新による貧困対策と生態系の再生に注力。
    *2 DAグループにおいて、主に貧困層を対象とした起業家育成、再生可能エネルギー、持続可能な農業等の分野で持続可能な事業モデルの創出や立ち上げ を支援



  • 現地法人:Matoborwa(タンザニア)
    https://matoborwa.com/

    2014年に茨城県の干しいもメーカー、株式会社照沼勝一商店、イースクエアなどが中心となってタンザニア・ドドマに設立した食品加工メーカー。干しいも、いもけんぴに加え、ドライマンゴー、ドライパイナップル、ドライバナナなどを製造し、国内外で販売している。タンザニア国内の販路は、最大市場のダルエスサラームに加え、モロゴロ、ドドマ、モシ、アルーシャなど、主要市場をカバーしている。