アフリカビジネス展開支援.png

今後さらなる経済成長と市場拡大が見込まれるアフリカで、優れた技術、製品やノウハウをお持ちの日系企業の皆様のビジネス展開をご支援します。

アフリカビジネスに関する基本情報

人口推移

アフリカ大陸には55カ国・地域が存在し、その中でもサブサハラ(サハラ砂漠以南)アフリカには49カ国あります。世界銀行によると、2021年時点でサブサハラアフリカの総人口は約11.6億人で、生産年齢人口(15~64歳)の割合は55% 程度となっており、どちらも上昇傾向にあります。サブサハラアフリカの人口は、2050年には21億人に達し、総人口に占める生産年齢人口の割合も上がっていくことが見込まれています。アフリカでは、豊富で若い労働力を背景に個人消費が活発になり、経済成長が促進される「人口ボーナス期」を迎えると予測されています。一方、総務省によると、2021年時点の日本の生産年齢人口は約59%で、少子高齢化を背景に今後下がっていく見通しであり、アフリカとは対照的になっています。

画像2.png

アフリカの人口推移と予測、生産年齢人口の割合と予測
(The World Bankのデータ等をもとにイースクエアが作成)

GDPと成長率

アフリカは近年堅調な経済成長を続けてきました。新型コロナウイルス感染症の影響で、各国での移動制限やロックダウンが域内経済に甚大な影響を与えたことや、域外との貿易が大幅に減少したことなどにより、2020年はGDPが大幅に落ち込みマイナス成長となりましたが、2021年には再びプラス成長に戻り、その後も高い経済成長が見込まれています。

画像3.png

アフリカのGDPの推移と予測
(The World Bankのデータ等をもとにイースクエアが作成)

開発課題とビジネスチャンス

堅調な経済成長の反面、インフラ整備、農業の生産能力向上、貧困対策、水・衛生環境の改善、教育の拡充、保健医療の質と供給体制の向上、産業人材育成の拡充など、アフリカはまだまだ多くの課題を抱えています。未解決の課題=ニーズは、裏を返せば事業機会でもあります。拡大を続けるアフリカ市場への参入は日系企業にとって大きなビジネスチャンスをもたらす可能性があります。

日系企業のアフリカ進出拠点数

外務省の海外進出日系企業拠点数調査(2021年)によると、アフリカに進出している日系企業の拠点数は927件となっています。

図3最新2.png

アフリカに進出している日系企業の拠点の業種別割合
(外務省、海外進出日系企業拠点数調査(2021年調査結果)をもとにイースクエアが作成)


また、日系企業の進出先の上位は、南アフリカ(268件)、ケニア(103件)、モロッコ(67件)となっています。

図4最新.png

日系企業の拠点数上位20カ国
(外務省、海外進出日系企業拠点数調査(2021年調査結果)をもとにイースクエアが作成)

イースクエアの実績

イースクエアでは、2010年よりアフリカを始めとする開発途上国・新興国での日本企業のビジネス展開を政府機関、公的機関、国際機関が提供する様々な支援スキーム(委託調査事業や補助金・助成金等)を活用しながらサポートしています。

JICA、環境省、経産省等の支援実績一覧

アフリカ進出のメリット・デメリット

アフリカに進出する際、日本企業にとって下記のようなメリット・デメリットがあると考えます。しかし、必ずしもデメリットがビジネス展開に悪影響を与えるのではなく、逆にビジネスチャンスになる可能性もあります。

メリット

  • 人口増加による経済成長と市場拡大が見込まれる
  • 規制がないまたは未整備なため、最新技術の実証実験や導入がしやすい環境がある
  • 市場が未成熟で競合が少なく、業界秩序が定まっていない
  • 安価で豊富な労働力がある
  • 海外からの投資誘致のための優遇税制や、各種政府への許認可申請手続きの簡素化のためのワンストップサービスを提供している国が多い

デメリット

  • 政情不安や為替変動など政治経済的なリスクが高い国がある
  • 物流インフラなど整備がまだ十分行き届いていない国がある
  • 貧困層・低所得層が多く購買力が低い
  • 衛生環境が悪く、医療提供体制が未整備な地域が多い
  • 外資規制や外貨持ち出し規制が厳しい国がある

イースクエアのアフリカビジネス展開支援サービスの特長

イースクエアでは、アフリカでのビジネス展開における留意点やメリット・デメリットを深く理解したうえで、お客様のニーズに合ったサポートをご提供します。アフリカでの多数のプロジェクト経験に加え、様々な民間企業でのビジネス経験を有する弊社コンサルタントのノウハウや現地ネットワークをフル活用し、企業様のアフリカでのビジネス展開をオーダーメイドでご支援します。

サービス例

  1. ビジネス機会の探索支援(市場調査、オンライン視察、進出対象国の選定支援等)
  2. 現地訪問時のコンサルタント派遣及び移動手段の手配等のロジスティックス支援
  3. 技術・製品の用途開発・ローカライゼーション(現地化)支援
  4. 現地パートナー企業等の発掘・マッチング支援
  5. 製品の輸出入にかかるアドバイス及び書類(英文・和文)作成支援
  6. 製品のテスト販売支援
  7. 既存バリューチェーン・ビジネスモデルの改善支援
  8. 現地政府機関との関係構築及び各種許認可取得にかかる書類作成支援
  9. 補助金・助成金獲得に向けた申請書類の作成支援
  10. 金融機関からの融資を受けるための収支計画・事業計画案策定支援

中小企業の海外展開を強力にバックアップします

進出先選定、市場調査、実現可能性調査(F/S)、公的機関の支援活用など、事業の立ち上げをワンストップでご支援します。 海外展開にご関心がある方はお気軽にお問い合わせください。