CSVとは、Creating Shared Value(共通価値の創造)の略であり、ハーバード大学のマイケル・E・ポーター教授、FSG共同創設者のマーク・R・クラマーにより提唱された企業戦略のコンセプトです。

社会や環境の様々な課題に、事業を通して取り組んでいくことで、社会解決と自社の利益向上の両方に寄与するという考え方です。自社の強みを活かし、ステークホルダーの協力を得ることで、独自性ある事業モデルを作っていくことが鍵となります。2011年にハーバード・ビジネス・レビューにて正式にCSVが発表されてから、世界の経営者から注目を集めています。経営的な視点で特に重要なのは、企業が事業として社会・環境課題に取り組み、利益を出すことにより継続的にスケールアップを図ることができるという点です。

イースクエアは、CSVを世界的に推進する団体FSGが主宰するグローバル・コミュニティ「Shared Value Initiative(SVI)」の認定アフィリエイト・メンバーです。SVIでは、先進企業、市民社会、政府機関と連携し、CSV戦略への適用・導入を図っています。

management_csv_svi3.jpg
※ SVIについて(英語)
※ SVIのアフィリエイト紹介(英語)


■FSG

FSGは、マイケル・E・ポーターとマーク・R・クラマーがボードメンバーを務める戦略・評価・調査研究を専門とする非営利のコンサルティング・ファームであり、CSV(共通価値の創造)を世界に発信する中心的な機関となっています。2000年にファンデーション・ストラテジー・グループとして創立して以来、世界の多数の大手企業、非営利団体、慈善団体に対して600を超えるコンサルティング・サービスを実施してきました。

FSGついて(英語)

CSV導入の支援内容

社内のCSVへの認識を合わせるために、CSVの特徴、CSRやフィランソロピーの考え方との関係性、導入のポイント、具体事例などをレクチャー形式で解説します。

CSVの導入にあたっては、CSR部門、経営企画部門、事業部門などの組織横断型のチーム編成によるワークショップを実施し、社会のニーズ、自社の強み、ビジネスのリスクと機会を洗い出し、CSVの要素を全社的なコンセプトに落とし込んでいきます。コンセプトを具現化する事業(分野)を特定したうえで、KPIを設定し、CSVの進捗を測るとともに、CSRレポートやホームページなどでCSV戦略を対外的に打ち出していく際のコミュニケーション支援を行います。

CSVに取り組むビジネスモデルの1つとして、BOPビジネスが挙げられます。こうした分野における具体的な事業創出に関しては、BOPビジネス・新規事業の支援チームと連携し、新興国・開発途上国を対象に、新規事業の立ち上げを支援しています。

事例

大手メーカー、通信、医薬、その他様々な企業様とのプロジェクト実績があります。

大手メーカー企業のCSVコンセプト策定支援


プロジェクトの概要 大手メーカーのCSVコンセプト策定と、その社外コミュニケーションに関する支援のため、以下のことを実施した。
  • 経営層・社内キーパーソンへのCSV講演会の実施
  • 社内キーパーソンによるCSVコンセプト要素検討ワークショップの実施
  • 事務局との議論によるCSVコンセプトの最終化
  • Webサイトや報告書での社外コミュニケーション内容へのアドバイス
実施期間 4ヶ月
実施体制 コンサルタント2名
クライアントの課題・要望
  • 既存の事業をCSVのフレームワークで再整理し、今後の事業につながるような自社にとってのCSVコンセプトを策定したい。
  • 社内のCSVへの理解度、考え(肯定的/否定的)は様々である。まずは、経営層や他部門の社内キーパーソンのCSVへの共通理解を後押ししてほしい。
  • CSVへの取り組みを効果的に発信していくためのアドバイスが欲しい。
成果
  • 講演会とワークショップを通じて、CSVのコンセプトを経営に織り込んでいくための最初のステップをスムーズに進めることができた。
  • 事務局との丁寧な議論を通じて、同社のCSVへの取り組みの方向性の明文化が進んだ。
  • 策定されたCSVコンセプトは、同社の報告の柱として発信され、財務・非財務報告の融合に貢献した。
  • 本プロジェクトの後、具体的な目標設定・開示に向けた検討が進められている。

上記サービスについてのお問い合わせ

株式会社イースクエア
担当: 本木 啓生、 平井 加世
〒105-0003 東京都港区西新橋3-23-12 第二山内ビル
tel: 03-5777-6730   fax: 03-5777-6735
問い合わせはこちら